HOME>注目記事>施設選びから初診まで準備を万端に整えて臨もう

施設を選ぶときは医師を確認しよう

肌を気にする女性

都内で皮膚科の受診を考えているなら、港区で専門クリニックを探して受診すると安心です。港区には多くの皮膚科が存在していて、幅広い診療を可能としている施設がたくさんあります。皮膚科における治療も様々で医師によって得意とする治療は少しずつ違ってきます。アトピー性皮膚炎の治療を得意とする医師もいれば、外科的治療を得意とする医師もいます。施設選びに迷ったら、それぞれのホームページ上に記載されている医師のプロフィールを確認し、受診施設を選ぶのも良いでしょう。また、港区には女性医師が担当してくれる施設や、院長が女性である施設もあります。女性の方がデリケートなお悩みで受診する際には、こうした施設で診てもらうと安心です。

予約が必要な場合は

肌を気にする女性

港区の一般皮膚科には、予約が必要な場合と予約を必要としない施設があるので、ホームページで確認することをおすすめします。予約を受け付けていないのなら、診療時間を確認の上都合に合わせて受診すると良いでしょう。予約が必要な場合は、電話やホームページ上の申し込みフォームから入れることができます。ウェブ予約の場合は送信後に医療機関から返信が来るので、通知に従い受診すれば大丈夫です。事前に症状や相談内容なども伝えておけるので、当日はスムーズに診察を受けられます。

初診時の注意点と診察時のマナー

鏡を見る女性

初診の場合は健康保険証の持参が必須となりますが、何らかの薬を服用しているなら、お薬手帳や服用薬そのものを持参し医師に伝えることも重要です。そして、妊娠中の場合も処方薬の影響などを考慮する必要があるので、受診の際に申告する必要があります。また、女性の方が顔の診察を受ける際にはメイクを落とす必要性が高くなるため、ノーメイクで出向くのが理想です。ノーメイクに抵抗がある場合は、診察直前に簡単に落とせるよう薄いメイクを施すにとどめることをおすすめします。港区で皮膚科を受診する際も、準備を整えて診察に臨みましょう。

広告募集中