まずは保存療法から行います

足の爪

巻き爪は、爪の端の尖った部分が肉にくいこんでいる状態なので、歩行をする時に痛みを感じます。サイズの合っていない靴を履いていたり、パンストや足袋、タイツなどを長時間履いている人も罹りやすいです。放置をしておくと、炎症を起こして膿などが排出する原因になります。痛みを軽減したい場合は、自分でテーピングをする方法もあります。自宅で対応をしているけれど、なかなか辛い症状が改善しない場合は、東京の皮膚科のクリニックを受診して下さい。東京の皮膚科のクリニックでは、痛みを抑えた体に負担の少ない巻き爪治療を行っています。比較的軽度の場合は、プレートを爪に装着をする治療を行います。プレートを装着することで、爪をまっすぐにする効果があります。

重度の場合は外科手術が必要です

看護師

重症の巻き爪の場合は、爪の先端に穴を開けてワイヤーを通す治療を行っています。ワイヤー治療は、大変ポピュラーな方法になっており、爪が内側に巻くのを防ぐ効果があります。ワイヤーやプレートを使用した治療は、1、2か月で交換が必要です。爪を切る時に深爪をすると、爪に負担が掛かってしまい、巻き爪の原因になります。爪を切る時は深爪をしないように、注意をする必要があります。東京の皮膚科のクリニックでは、専門的な知識を持った医師が在籍をしているので、カウンセリングや診察に時間を掛けてくれます。放置をすると、歩行が困難になることもあるので、早い段階から治療を始めることが大事です。プレートやワイヤーを使った治療で改善できるケースも多いです。重度の場合は外科手術が必要な場合もあります。外科手術を行う時は、事前に麻酔をしてくれるので、手術中に痛みを感じることはありません。

爪は元に戻りやすい性質があります

フットネイル

巻き爪で悩んでいる人は、東京の皮膚科のクリニックを受診して、最適な治療法を提案してもらう必要があります。ワイヤーやプレートを使用する方法も高い効果が実感できますが、巻いた爪は戻りやすい傾向があります。爪を剥がした後も、巻いた形状の爪が伸びてくることもあるので、悩んでいる人が少なくありません。普段の生活では、サイズの合わない靴を履かないようにすることも大事です。長時間の立ち仕事をしている人や、自宅で介護を受けている高齢者も、巻き爪になりやすい傾向があります。東京の皮膚科のクリニックでは、まずはワイヤーやプレートを使った保存療法を提案してくれます。定期的に通院をすることで、辛い痛みや炎症を抑える効果があります。

広告募集中